インプラント治療後の検診

インプラント治療は治療を終えてからの定期的な検診が非常に重要なものとなります。

あごの骨に埋め込んだ人工の歯根と取り付けた人工の歯が機能しているか確認することとなります。
インプラント治療を終えてからの定期的な検診においてはどのような確認が行われるのかというと、まずは感染症などに感染していないかを確認します。


人工の歯根と取り付けた人工の歯は人工であることから痛みを感じることがないので感染症に感染していても気づきにくくなります。そのままにしておくと埋め込んだ人工の歯根が抜ける可能性があることから確認が行われます。

また、歯石取りなどを行い、取り付けた人工の歯のクリーニングも行います。

また、治療を受けた患者に人工の歯根を埋め込んでからの噛み合わせの状態の問診を行います。
そして噛み合わせに違和感がある場合などは噛み合わせの確認が行われます。


取り付けた人工の歯に極端に力がかかっているときには調整をしなければならないと言えます。

なぜならばこのような場合には取り付けた人工の歯に力がかかってしまうことによって、人工の歯が破損してしまう可能性がありますし、埋め込んだ人工の歯根が破損してしまう可能性もあるからです。また、ネジ式の人工の歯根の場合は緩んでいないかの確認も行われます。

そして、インプラント治療の検診においてはこのように機能面の確認と歯周病などのリスクを下げるためのアドバイスなども同時に行われます。

http://www18.ocn.ne.jp/~fjk/
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5b2.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5b2.html

梅田の美容整形の最新情報を掲載しました。

固定電話の加入の優良サイトならこちらで見つかります。

評価の高いソフトバンクの固定電話の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

うつの診断を理解するには正しい知識が必要です。

長崎の美容整形情報を集めたサイトです。


Copyright (C) 2015 インプラント治療後の検診 All Rights Reserved.